2度空を飛んだ葉書たち
e0044260_23351718.jpg

押入れの片付けをしていたら、在独中に祖母が送ってくれた絵はがきの束が出てきた。数えてみたら150枚ほどある。そのうち最初の消印が2001年6月13日、最後は2007年10月18日になっているから、平均すると毎年約24枚、つまり毎月2枚ほど。たしかにそのくらいの頻度で送られてきた。

無条件に私のことを褒めちぎる言葉の数々、私がホームページやブログに掲載した写真や文章についての感想などに加えて、まだほそぼそと仕事を続けながらアクティブにあちこち飛び回っていた彼女自身の日々のことが細かく記されている。

書いてなくともつねに漂う、私の身を案じる気持ちをひしひしと感じながら、この祖母らしさあふれる葉書に、どれだけ励まされたことか。当時も受け取るたびに嬉しかったけれど、今あらためて、本当に有り難いことだったなあと思う。

先日、親族で集まって、祖母の米寿のお祝いをした。まだまだ元気だが、認知症で記憶力がずいぶん弱くなってしまった、そんな彼女に、ほとんど日記のように綴られたこの150枚は、いったい何を感じさせるだろう。もらった手紙を差出人に戻すのはあまり趣味の良いことではないけれど、もしかしたら、これを見せることが何か良い刺激になるかもしれないと思った。私の知る限り、彼女には日記をつけるような習慣はなかったから。

とりあえず見やすいように、一枚ずつ消印を確認しながら日付順に並べてファイルした。電子メールならクリック一つで済む作業だが、消印がかすれているものもあったりして、思ったよりも時間がかかった。

しかし同時に、その手間を補って余りある手紙の魅力を強く感じたひとときでもあった。葉書の紙質、形、絵柄、切手、祖母の筆跡、どうしても残る推敲の様子(あとから付け足された言葉の数々)、そして、宛先である私の住所(この間に5回引越をしている)。どれもこれも味わい深い。

2度も空を飛び、今こうして整然と並んでいる葉書たち。これを見た祖母はきっと、開口一番、このように整理した私のことを褒めるに違いない。そんな彼女に、私は、当時十分に伝えられていたとは言い難い感謝の気持ちを、今度こそきちんと伝えなくては。
[PR]
# by kyuco | 2015-09-04 23:59 | できごとの記録
Jeder Teller hat eine Geschichte.
e0044260_03417100.jpg

皿に歴史あり。

写真の皿は、引越のために荷物を減らしたいという友人から譲り受けたもの。友人はドイツ人で、今週頭に日本を発ち、次なる地へと旅立っていった。

同じ団地の向かいの棟にドイツ人が住んでいることを知ったのが2月頃。何気なく目に入って来た彼らのベランダの洗濯物の中に、2006年のサッカーW杯のTシャツがあって(それ以前から、どこの国の方なのかなあ、と気になってはいたのだが)これはドイツ人に違いない!と確信した。それでもその後しばらく接点はなかったのだが、ある日ひょんなことで出会い、交流が始まった。

それから約5ヶ月。特に濃密な行き来があったわけではなく、ゆるゆるとしたご近所付き合いではあったけれど、「スープの冷めない距離」にドイツ語を母語とする友人がいるということは、それだけで、私の日常にほどよい刺激とうるおいを与えてくれた。楽しかった。

この皿は、彼らがハワイに住んでいたときに、セカンドハンドの店で見つけて買ったそうだ。「とても気に入っていたのだけど、セット6枚全部を持っていくのは諦めようと思う。2枚だけ持っていくので、あとの4枚をもらってくれないかな?」と言われて、喜んでいただくことにした。

皿をひっくり返すと、偶然にも「Made in Japan」とある。ネットでちょっと調べてみたところ、どうやら60-70年代にアメリカで流行したという日本製ブランドMikasaのものらしい。どんな旅を経て、ここまでやってきたのだろう。何をのせてきたのだろう。大切に使いたい。
[PR]
# by kyuco | 2015-08-01 00:42 | できごとの記録
Tシャツのスタンプ染め
e0044260_953548.jpg

以前から、ぜひ子どもと一緒にやってみたいと思っていたTシャツの「スタンプ染め」。先週、同じ年頃の子のいるお友だち親子数組と一緒にワイワイやってみた。

Tシャツに色を付ける/絵を描くだけなら、布用の絵の具やクレヨンを用意して、あとはご自由に!でも良いのだが、今回私が試してみたかったのは、こちらの教室の方法。

★「手の教室」—Tシャツのスタンプ染め
http://teno-kyoshitsu.com/gallary/youji/t-shirts140801.html

マスキングテープで枠と模様をつけ、あとはスポンジで絵の具をポンポンするだけ、という手軽さとシンプルさが良い。幼児でも自由に楽しく制作ができるのはもちろんのこと、その先に(大人目線で)「実用性のある」作品が出来上がるのが親には嬉しいところ。おまけに今回は、区の施設(旧小学校)の工作室を利用したので、家でやるとなると浮上してくる汚れ問題やストレス(笑)からもフリーで、みんな大満足のひとときとなった。

子どもとの遊びは、工夫一つで子どもの反応もがらっと変わるし、親にかかる負荷も全然違ってくる。しかも、この「スタンプ染め」は、枠決め、模様貼り、色選び、スタンプ、テープはがし(仕上げ)という一連の作業の、どこまでを親がやって、どこから子どもにやらせるかを細かく調整することができるので、うちの娘のような1歳児でも楽しめるし、同じ方法で大人も楽しめる。

この素敵なアイディアを、もっといろいろな人に教えてあげたいな〜(私が考えたわけじゃないけど、笑)と思っていたら、先日一緒にやったメンバーが「親子でこのTシャツを着ていると、行く先々で声をかけられるし、やってみたいという人がいっぱいいるよー」と言うので、また夏休みにでも企画しよう!という話になった。こういうことで交流が広がったり深まったりするのは嬉しい。
[PR]
# by kyuco | 2015-06-19 09:56 | K&M


カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30