Jeder Teller hat eine Geschichte.
e0044260_03417100.jpg

皿に歴史あり。

写真の皿は、引越のために荷物を減らしたいという友人から譲り受けたもの。友人はドイツ人で、今週頭に日本を発ち、次なる地へと旅立っていった。

同じ団地の向かいの棟にドイツ人が住んでいることを知ったのが2月頃。何気なく目に入って来た彼らのベランダの洗濯物の中に、2006年のサッカーW杯のTシャツがあって(それ以前から、どこの国の方なのかなあ、と気になってはいたのだが)これはドイツ人に違いない!と確信した。それでもその後しばらく接点はなかったのだが、ある日ひょんなことで出会い、交流が始まった。

それから約5ヶ月。特に濃密な行き来があったわけではなく、ゆるゆるとしたご近所付き合いではあったけれど、「スープの冷めない距離」にドイツ語を母語とする友人がいるということは、それだけで、私の日常にほどよい刺激とうるおいを与えてくれた。楽しかった。

この皿は、彼らがハワイに住んでいたときに、セカンドハンドの店で見つけて買ったそうだ。「とても気に入っていたのだけど、セット6枚全部を持っていくのは諦めようと思う。2枚だけ持っていくので、あとの4枚をもらってくれないかな?」と言われて、喜んでいただくことにした。

皿をひっくり返すと、偶然にも「Made in Japan」とある。ネットでちょっと調べてみたところ、どうやら60-70年代にアメリカで流行したという日本製ブランドMikasaのものらしい。どんな旅を経て、ここまでやってきたのだろう。何をのせてきたのだろう。大切に使いたい。
[PR]
by kyuco | 2015-08-01 00:42 | できごとの記録
<< 2度空を飛んだ葉書たち Tシャツのスタンプ染め >>


カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30