ベルリンのみかた
ベルリンは「川のある街」である。なぜかパリのセーヌ、ロンドンのテムズほど有名ではないのだが、シュプレーという名の川が、街なかのイイところを流れている。川が有名でないせいか、「地球の歩き方」にも遊覧船の情報は載っていない。

個人的には、午前中にSバーンで東駅あたりからザヴィニープラッツあたりまで途中下車しながら走りぬけ、午後にシュプレー川の遊覧船でベルリンを一周したりすると、「ベルリン俯瞰」と「ベルリン概観」のほどよく混ざり合った素晴らしい一日ツアーになると思うのだが、ガイドブックでは(遊覧船情報がないくらいだから当然)そんな観光コースを提案するものもない。

一日で全体像がほんわりと把握できる、という意味では、観光客のニーズにぴったりだと言っても過言ではないと思うのだが、どうして取り上げられないのだろう。

「俯瞰」というのはベルリンのテレビ塔のような「もっとも高いところ」にのぼって街を見下ろすことであり、「概観」というのはベルリンのペルガモン博物館のような「主要な」博物館や美術館の「展示」をたとえ10分ずつでも見てまわることである、という認識(思い込み)があるから、だろうか。

* * *

先日、橋梁を中心とする土木構造物の近代化遺産の専門家I先生と一緒に、ベルリンの街を散策する機会に恵まれた。

1日目は、Sバーン(市内鉄道)の高架橋見学。数時間、高架に沿って歩き続けた。明治末期、東京の「新永間市街線高架橋」の建設にあたって、先進各国の鉄道高架橋が比較検討され、ベルリンの高架橋が採用された。それが一体どこまで似せてつくられたのか、というのが1日目のテーマで、先生は煉瓦の積み方やディテイルを丹念にチェックしておられた。

ちなみにこの煉瓦アーチ、東京で採用云々という歴史を知らなくても、ディテイルの差が分からなくても、有楽町辺りの景観を知る者がハッケシャーマルクト付近のSバーン高架沿いを歩けば「ガード下」が髣髴として浮かんでくる、くらいには似ている。

2日目はシュプレー川にかかる橋の見学。3時間、遊覧船に乗っていた。しかしその間まったく飽きることのない「橋の展覧会」であった。(もちろん橋以外にも、右岸に左岸に、ベルリンの「見どころ」が次々と登場する。ので、このツアーを「橋の展覧会」だと認識していたのは、先生と私くらいかも知れない。笑)

高架見学の方はともかく、どう考えても観光客目当ての大きな遊覧船に、私たちをのぞいて日本人(というかアジア人)が一人もいなかったのは、本当に、なんとも不思議なことであった。
[PR]
# by kyuco | 2005-08-24 21:24 | 景観-風景をキリトル
ブログで試してみたいこと
- 「とりとめのない」思考の断片を書き留めること
- 「とりとめのない」思考の断片にあえてテーマ的なカテゴライズを施すこと
- (いくらか溜まったら)カテゴリー内の断片たちを繋げ「とりとめ」をつけること

* * *

背景 ~ 私のサイト遍歴 etc. ~

2001年、ドイツでの留学生活がはじまるのとほぼ同時に、個人サイトを開設した。当初は、家族や友達に、自分が見たこと聞いたことを写真と文章で手軽に報告する手段として使っていた。

- - -

そのうちサイト作成に慣れてくると、不特定多数の読者の目を意識しながら、自分の意見をまとめ、公開する、ということに面白さを見出すようになった。そうこうするうちに、こちらの意図せぬ人(つまりオフの知り合いではない人)にも見てもらいたいという欲が出てきて、ひまじんネットというコミュニティサイトに日記のスペースを借りた。

ひまじんネットで雑記を公開していた10ヶ月の間、それなりにネット上の交流を体験しながら、コミュニティサイトの良い面、悪い面をかなり網羅的に見ることができた。良い面もあれば悪い面もある。コミュニティサイトを活用している人は、みな、そのことをよく分かっている。が、良い面がとても良いから、自分が巻き込まれない限り、悪い面には目をつぶって、活用し続ける。

しかし、私は、この「目をつぶる」というのができなかった。そのことに気がついたとき、私はひまじんネットをやめ、自分のサイト上でひとり言のような日記を再開することにした。(まもなく、友人に誘われて、会員制のソーシャルネットワーキングサイトMixiGREEに登録してみたが、やはり、拭い切れない「違和感」のようなものがあって、数ヶ月で退会した。その「違和感」についての詳しい話は、機会をあらためて書いてみたいと思う。)

- - -

2004年8月18日から2005年8月18日まで丸1年、サイト上に1日も休まず日記を書いた(アップが遅れた日はときどきあったけれども)。これはこれで充実感があった。が、今、この1年間の反省をもとに、ちょっとスタイルを変えたいと思っている。

- - -

私が「コミュニティサイト」を退会し、ネット世界の山中に篭ってほそぼそと日記を更新していたこの1年、世間では「ブログ」が大流行し「注目商品第1位」にランクインしていた(2005年上半期話題商品・注目商品調査 by電通 消費者研究センター)。
[PR]
# by kyuco | 2005-08-23 20:01 | 「ネット社会」考


カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30